トライアスリートの日常


by kuniorinox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
卒制日記
男の料理 初級
foods
デザイン

就活
遊び仲間
何かの感想文
俺の日常

bike
part time job
SUAC
思うこと
時事対策
バトン
仕事のこと

プチ贅沢
art
Tokyo Life
買い物日記
スポーツ
お気に入り
未分類

フォロー中のブログ

Designcafe-B...
うちの食卓 Non so...
photo with Kiss
陶芸ブログ ぶらり
OMソーラーの家「Aib...
酔流亭日乗
Prisonerを聴きな...
田中英語塾講師の日記
料理人の休日
サソリ座の女@B型な日々
◆ Mamma ho f...
SUAC日記
ゆみりんご
デザイン学生の英語日記
My Life
Tour de England
魚屋三代目日記
Everyday is ...
SUAC2007卒展ブログ

以前の記事

2012年 03月
2011年 09月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

トレイルランニング@箱根

以前から興味はあったものの、なかなか一歩を踏み出せなかったトレイルランニング、
会社の先輩に誘ってもらってやっと行けました。

コースは箱根湯本。
箱根湯本駅からバスで仙谷下車。
登山口から金時山を一気に駆け上がり、その後いくつか峠を越えつつ箱根湯本に戻る約20km。

トレイルランニングとは、山の中の未舗装路(トレイル)を走ること。
つまり、普通に歩いても疲れるトレッキングのコースを、その2〜3倍の速度で走る。
相当の走力があることが前提だけど、すごい爽快感を味わえます。

ハイカーの迷惑をかけないように、マナーを守って走れば、いい意味でなかなか目立ちます。
息を切らしながらゆっくり登っていく山ガールの横を颯爽と駆け抜ければ、後ろから「すごーい!」
山に慣れている感じのベテランハイカーとすれ違えば、「兄ちゃん、速いねぇ」と。

山は舗装路と違い、常に変化が楽しめます。景色や風も気持ちいいし、
信号に止められることも、排気ガスも無い。
d0037489_7324862.jpg


トレイルランニングに必要な用具は、
1.トレイルランニング用シューズ
底がやや厚くなって滑りにくいパターンになったランニングシューズみたいな感じ。
おれはビブラム・ファイブフィンガーズ(VFF)のトレイルモデルで。
d0037489_7424236.jpg

このシューズは、履くために相当のトレーニングを要します。
舗装路でのランニングにも使えますが、トレイル用としては、滑りやすい方かな。

2.リュック
専用のものでなくてもなんとかなるかもしれないけど、体にきちんと固定できて、
中身が揺れないものが必要。俺が使ってるのはドイターのアドベンチャーライト
d0037489_7403280.jpg

ハイドレーションシステムに対応しているし、20ℓの容量はちょうどいい。


3.水筒
山の中に自販機なんか無いので、摂取すべき水分は全て持参。
俺は容量2ℓのハイドロパックを使いました。涼しい季節でも距離が長いとこのくらい必要。
プラティパスはドイターのリュックにも装着できて、値段も安い。
d0037489_742152.jpg



3.防寒具
標高の高いところでは、足を止めた途端に汗でびしょ濡れになった体は急速に冷えていきます。
ウインドブレーカーは必須。

4.補給食
おにぎりや炭水化物ゼリーなど。
山でのエネルギー消費量はものすごい。


今度は同期を誘って、5月の山を楽しんでこようかと。
[PR]
by kuniorinox | 2011-05-14 07:45 | スポーツ

南房総小旅行

GW前半は妻と南房総へドライブに行ってきました。

いちばん良かったのは鋸山。
地獄覗きが有名で、
d0037489_6572265.jpg

上司から聞いてて前から行きたかったんだけど、なかなかの迫力。

でももっとすごかったのは、おそらくこの地獄覗きができた原因でもある、
石切り場跡地。
d0037489_7235654.jpg
d0037489_7232794.jpg
d0037489_723117.jpg

まるで遺跡みたい。
d0037489_7243840.jpg

石を積んでいるように見えるけど、多分切り出した跡。
d0037489_7253081.jpg
d0037489_7255112.jpg

朽ち果てた機械はジブリ映画に出てきそうな雰囲気。

新緑を楽しんできました。


お昼に寄った「ばんや」は超人気で30分くらい待ったけど、刺身は都内の居酒屋「魚金」の方が味も値段も勝っているくらい。ちょっと残念。

泊まった宿は、去年の館山トライアスロンでも泊まった「珊瑚の湯 やどかり」。
ちょっと贅沢してアワビコースを堪能しました。
d0037489_7334272.jpg

ここは味も期待通り。
野菜や醤油・味噌などが自家製で、海鮮はもちろん地物。
派手さは無いけど、地味に手がこんでいる料理をじっくり楽しみました。
妻は夕食の刺身と、朝食のフキの佃煮を絶賛。

また泊まりたい宿です。


翌日は養老渓谷へ。ことりっぷには所要時間3時間とか書いてあったから、
水やら補給食とかをしっかり山用リュックに詰めて。

クロックスのサンダルで沢に降りて行くギャルを見て、
「あの小娘、山をなめておるな」
とか行ったけど、沢は完全に舗装されていて、ミュールでも歩けます。
山用リュックしょっていた夫婦は本気すぎて痛い感じでした。
手軽に沢を楽しめるので、小さい子供がいる家族にはいいかも。
2時間かからず一周しちゃいました。

この物足りなさは箱根トレランで解消しよう。

鋸山はまたいきたいな〜
[PR]
by kuniorinox | 2011-05-04 13:06 |