トライアスリートの日常


by kuniorinox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
卒制日記
男の料理 初級
foods
デザイン

就活
遊び仲間
何かの感想文
俺の日常

bike
part time job
SUAC
思うこと
時事対策
バトン
仕事のこと

プチ贅沢
art
Tokyo Life
買い物日記
スポーツ
お気に入り
未分類

フォロー中のブログ

Designcafe-B...
うちの食卓 Non so...
photo with Kiss
陶芸ブログ ぶらり
OMソーラーの家「Aib...
酔流亭日乗
Prisonerを聴きな...
田中英語塾講師の日記
料理人の休日
サソリ座の女@B型な日々
◆ Mamma ho f...
SUAC日記
ゆみりんご
デザイン学生の英語日記
My Life
Tour de England
魚屋三代目日記
Everyday is ...
SUAC2007卒展ブログ

以前の記事

2012年 03月
2011年 09月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

10000人が手賀沼を走る

台風で駄目だと思ったけど、うまいことそれてくれて無事開催しました手賀沼エコマラソン。

でも、台風の後って普通は晴れるのに今日はずっと霧雨でしたね…

土砂降りよりはもちろんいいけど、秋晴れのなか走った先週のコース下見のような気持ちいい日ではなかったわけです。

さて、今日のレースですが、前半は反省点ばかりでした。
まずスタート前。

ぬかるみを歩いたので、スタート前にすでに靴の中が濡れている。長距離ではこれだけで脚を痛める原因になる。
トイレはさすが10,000人のエントリー者がいるだけあって超長蛇の列。危うくトイレの列でスタートの号砲を聞くとになりそうでした。(一緒に参加した同僚は荷物預かり所の列で号砲を聞いたらしい)

俺は荷物は早めに預けたのだけど、なんとかスタート位置についた時に気づいたのは、ウォームアップパンツを履いたままだってこと。

真冬の大会なら別に問題じゃないけど、まだ10月。周りはみんな短パンです。この時点で、このレースは暑さとの戦いになることが決定。

そして、スタートした直後に痛くなる脚。開会式の後でラジオ体操したからストレッチした気になってたけど、ラジオ体操ってストレッチの効果は全くありません。脚が痛くなるのは当然。ついでになぜか腹までいたくなる始末。

あまりに痛いので、3kmくらい走ったところで一旦止まってストレッチ。どんどん抜かれていく俺。
すぐ合流するも、ここで2分くらいロス。しかも多少良くなったけど、まだ痛い。

霧雨は降っているけど、気温は低くない。ある程度スピードに乗ってくると吹き出す汗。目に汗が入る。

前日までの調整は完璧に近かったのに、ストレッチとウォームアップパンツを脱ぎ忘れるっていう致命的なミスにより絶不調な前半。もうリタイアしようと思った。

でも、これまでの自分の傾向から、調子が出るのは後半からと判っていたので、前半はひたすら耐えるのみ。

計画では21kmを、
5km地点 25分
10km地点 50分
15km地点 72分
20km地点 95分
21kmゴール 100分

と、前半押さえて後半に少しずつスピード上げていく作戦。

5kmまでのところでロスが大きかったけど、5kmを過ぎたあたりでようやく痛みが収まる。
10km地点ではスタート時よりもずっと体が軽くなってきた。タイムも計画通り。

後半スピード上げる作戦ってのは、前の走者を抜きまくれるので、精神的にもかなり楽。
ところで、ハロウィンに開催されたこの大会、仮装は思ったより少なかったけど、仮装してるのに速い人って本当にすごい。ピカチュウの着ぐるみ着て90分台でゴールって・・・
セクシーな魔女も、放熱的には問題無さそうでも風の抵抗がすごそう。とんがり帽子が飛ばないように押さえながら走ってるのに速い!

そんな愉快なメンバーと走って、後半飛ばして取り戻した結果、記録は、
1時間37分3秒!

なんとか90分台で、初ハーフの目標は一応クリア。ラスト1,000mは3分30秒くらいの猛烈なスパートでした。

今回は特に酷かったけど、なぜかマラソン大会では必ず前半苦しみます。後半のペースで最初から走れたらな〜
[PR]
by kuniorinox | 2010-10-31 19:16 | スポーツ

Long Slow Distance

今の季節は何やっても気持ちいいですね。

家で家事しても、街で買い物しても。

来週、手賀沼エコマラソンっていう、ランナーの間ではけっこう人気の大会があります。今年は受付開始日の朝8:30には定員に達したと聞きました。

俺は運良くエントリーできたので、今日はコースの下見をしてきました。
コースは手賀沼周回と中央に架かる橋を利用して8の字にぐるっとまわってちょうど21km。
都心からちょっと距離があるこの大会がなんでそんなに人気なのかというと、コースが抜群にいいんです。湖畔なので全コースを通じてフラット、折り返しなしで常にいい景色が変化し続ける。

季節も、寒くなく暑くもなく。(シリアスランナーには若干暑いか?)

レース前一週間を切ったら、体に負荷のかかるトレーニングを避けるのが定石なので、今日が最後のチャンス。

レースのコースをレースのペースで走るのが一番なのですが、ハーフマラソンをレースペースで走ると、完全な回復まで一週間以上かかりそうなので、今回はLSDにしました。

LSDってのはLong Slow Distanceの略で、要はゆっくり長距離を走るトレーニング。体への負担が少なく、確実に走力UPにつながる。難点は時間がかかるのと、一人でやると退屈なこと。

あと、減量するには最適です。体重65kgの俺が20kmを110分で走ればおよそ1,400kcl消費します。レースペースで走れば1,800kclくらい消費するけど、それやるとその後多分何もできなくなる。。。
でもLSDならその後家事なり勉強なり遊びに使う体力が、少し休めば回復します。

今回は一緒にレース出る同僚と走ってきたのですが、ゆっくり走ると、普通に会話できるからいいですね。5〜6分/kmのペースで、景色と会話を楽しみながらの2時間弱。

早いペースで走る時は、自分の体のコンディションと路面の状況、それにタイムなんかを常に意識して、余裕が無くなっちゃうのですが、ゆっくりペースなら脚も心肺も気にする必要がないので、いろんなことを楽しむ余裕が出てくるのです。

休日に時間があって、いい練習相手がいれば、LSDは効果的でしかも楽しいっていうなかなかすばらしいトレーニングなんです。
[PR]
by kuniorinox | 2010-10-23 19:34 | スポーツ

ランニング中毒

レースの後半、体がきつくなってきたところからペースを上げ、前の走者を抜きまくると、高確率でランニングハイになります(俺だけかも知れないけど)

走ってるとセロトニンが分泌されて、ストレスが消えていくらしい。

走ることって脳にもかなり影響があるみたいなんです。


ところで、音楽を聞きながら走る人が多いのですが、俺は聞かない派でした。理由はいろいろあって、
・極力身に付けるものを減らしたい。コードのブラブラがやだ。
・イヤホンは走ってると外れやすい
・走りに集中できない(特に5kmくらいの短い距離をハイペースで走るとき)
とかで、走りながら音楽聞くのはゆっくり走る人だけかと思っていました。

ところが、俺も月末に手賀沼エコマラソンを控え、長めのトレーニングをしなきゃいけなくなり、1時間以上一人で走るための退屈しのぎのために、久々にiPodを持って走ろうという気分になりました。

これまでと違うのは、コードがブラブラしないように服に固定できるクリップ付きのイヤホンにしたことと、iPodのプレイリストを、ランニング用にノリのいい曲を集めて作ったこと。

で、音楽を聞きながらしばらく走っていると、なんだか妙に気持ち良くなってきちゃいました。
ライブで曲にのって体を動かす時の気分に近い感じ。

曲のリズムと、走りのリズムが違っていても、ノリのいい曲ばかり聞いていると、どんどん体が動く。

ゆっくり走るつもりが少しずつペースが上がってきて、予定の距離を終わっても走り続けたくなる。
疲れなんて感じない。脚が少し痛くても気にしない。もっと走りたい。

思ったより早いペースで走ってしまったので、翌日のことも考えて15kmで終わりにしたのですが、ストレッチをしていると、今度は充実感というか、気持ちよく酔ったような感覚というか、多幸感のような感覚になってくる。

音楽にのって体を動かした気持ち良さと、走ることで分泌された脳内麻薬みたいなやつの効果がプラスされちゃったのでしょうか?


俺は今のとこ、体力の向上とストレスの解消のために走ってるだけだけど、走らなきゃいられないって人は、この気持ち良さの中毒になっている人が多いのかな。

あと、音楽を聞きながら走るにあたって大事なのは選曲だと思いました。
俺の場合は、好きな曲ってことよりもノリが大事で、家じゃまず聞かない浜崎あゆみとか、ファンキーモンキーベイベーとか、リップスライムとか、しばらく聞いてなかったジュディマリとかでノリノリで走ってました。


今日は快晴。
月末のレースに向けて、手賀沼はランナーだらけでした。そしてよく見てみると、一人で走っている人はけっこうイヤホン着けています。
レースで音楽聞きながら走る人がいて、信じられないとおもっていたけど、俺も今度のレースには持っていこうかな。
[PR]
by kuniorinox | 2010-10-11 22:59 | スポーツ