トライアスリートの日常


by kuniorinox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
卒制日記
男の料理 初級
foods
デザイン

就活
遊び仲間
何かの感想文
俺の日常

bike
part time job
SUAC
思うこと
時事対策
バトン
仕事のこと

プチ贅沢
art
Tokyo Life
買い物日記
スポーツ
お気に入り
未分類

フォロー中のブログ

Designcafe-B...
うちの食卓 Non so...
photo with Kiss
陶芸ブログ ぶらり
OMソーラーの家「Aib...
酔流亭日乗
Prisonerを聴きな...
田中英語塾講師の日記
料理人の休日
サソリ座の女@B型な日々
◆ Mamma ho f...
SUAC日記
ゆみりんご
デザイン学生の英語日記
My Life
Tour de England
魚屋三代目日記
Everyday is ...
SUAC2007卒展ブログ

以前の記事

2012年 03月
2011年 09月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2008年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ピカソはエロかった

芸術の秋に、美男美女をひきつれて六本木の2つのピカソ展を見てきました。

サントリー美術館と国立新美術館。


サントリー美術館で笑えたのは、作品名とか画材が書かれているプレートの下の方に、「代物弁済」って書かれてること。

たま~に「購入」って書いてあるのも発見します。

借金だらけのピカソ・・・・・。

でも芸術家なんだから自分で売ってお金にするのも、借金してそれを絵で返すのも変わらない気もするけど。


それにしても、ピカソ、エロすぎ。


思いっきり抽象化していても明らかに交わってる彫刻とか、絵画とか、17歳に手を出したりとか・・・。
[PR]
by kuniorinox | 2008-11-11 00:26 | art

裏切りは女のアクセサリーみたいなもんさ

いい道具を買って、手入れをしながら大事に使う。

何にでも通じることで、ロードバイクも然り。

ロードバイクは、ママチャリに比べるとメンテナンスに手間がかなりかかるし、
パンクもしやすい。
ただ、きちんと手入れしていれば、ままちゃりじゃ絶対不可能がスピードで長距離を走れます。
パンクだって、予備のチューブと空気入れを持っていれば問題なし。

遠隔地で乗りたければバラして専用の袋に入れてどこまでも。


この土日、静岡から友達がロードバイクを持って遊びにきました。
東京駅で待ち合わせをし、組み立てて、「とりあえずごはん食べに行こうか?」とこぎだしてしばらくすると、急に停止するその友達。

チェーンでも外れたのかと思ったら何と、変速機が外れてプラーンとチェーンからぶら下がっています。よく見るとなんと、フレームとつながげるためのパーツがポッキリ折れていました!

出鼻をくじかれました。信頼していた自転車に裏切られた気分です。

自転車で長距離こぐ時には、トラブルに備えて工具を持ち歩くのですが、部品がポキッと折れたのでは溶接設備がないと・・・・・。

とても自分達で直せるはずはなく、店を探すのですが、東京駅のまわりにそんな店もあるはずはなく、電話番号を調べて周辺の店に問い合わせても、そのメーカー取り扱いの専門店に行けとか、部品を取り寄せないとどうにもならないとかで途方に暮れていました。

もうこうなったら直接持ち込んでなんとかしてもらうしかない、とある店に持ち込んだところ、とても対応のいい店で、それらしい部品をだしてくれました。しかし、あくまで「それらしい」部品なので、形が合わず、装着不能。

ところが、俺もその友達も昔は工作少年、友達の方はメーカーの技術者で、俺は大学で木工も金工もやってきした。そんな二人のとった行動は、その「それらしい」部品を加工して使えるようにしようと。

形が完全には噛み合っていなくても、穴にボルトを通してナットでしめて固定できればいい、ということだったので、最低限部品が装着できるように、ふたりでひたすら金ヤスリで部品を削りました。

その結果、その後およそ150kmほど無事に走破。
d0037489_2212432.jpg


パーツが壊れて走行不能になったときは、自転車に裏切られた気分でしたが、直してしまえばそんな苦労もいい思い出です。
[PR]
by kuniorinox | 2008-11-02 22:15 | bike