トライアスリートの日常


by kuniorinox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
卒制日記
男の料理 初級
foods
デザイン

就活
遊び仲間
何かの感想文
俺の日常

bike
part time job
SUAC
思うこと
時事対策
バトン
仕事のこと

プチ贅沢
art
Tokyo Life
買い物日記
スポーツ
お気に入り
未分類

フォロー中のブログ

Designcafe-B...
うちの食卓 Non so...
photo with Kiss
陶芸ブログ ぶらり
OMソーラーの家「Aib...
酔流亭日乗
Prisonerを聴きな...
田中英語塾講師の日記
料理人の休日
サソリ座の女@B型な日々
◆ Mamma ho f...
SUAC日記
ゆみりんご
デザイン学生の英語日記
My Life
Tour de England
魚屋三代目日記
Everyday is ...
SUAC2007卒展ブログ

以前の記事

2012年 03月
2011年 09月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

壊れる→直して使い続ける

d0037489_12134356.jpg


洗濯物を干そうとしたら、バチン!という音がして、ハンガーのピンチが壊れました。

もう実家にいるころから使ってるからもう6年目くらいでしょうか。

無印の洗濯ハンガー。

世の中の洗濯ハンガーのなかでここまで美しいものはなかなかないと思ってるくらい気に入っています。

ところで、このハンガーのピンチが壊れるのは今回が初めてというわけじゃなく、買ってから3年くら経ったあたりから時々壊れるようになりました。そりゃPPを紫外線にさらし続ければ劣化するのは当然のこと。

無印もそのへんのことは折込済みで、交換用のピンチを20個100円で売ってます。

商品のサイクルが極端に短いこの国で、洗濯ハンガーなんていう安いものを何年も使い続けることを前提にアフターパーツを供給する姿勢は好きです。

もっとも、洗濯ピンチは単体でも使えるもの。洗濯ハンガーはロングセラー商品。


俺がこのハンガーを好きなのは、造形美もさることながら、モデルチェンジをせずに生産し続けること、そしてどうしても壊れてしまうところは交換がきくようにしているところです。別に交換するのは無印のピンチじゃなくてもOKで、カラフルな市販のピンチに交換しても、木製のものをつけても、金属のものをつけてもよし。



高校の頃に買ったジーンズを未だにはき続けています。穴が開きそうになったら修理に出す。もう7箇所修理したので、もう一本買えそうな修理代を払っていますが、愛着のあるものをはき続ける方が俺は好きです。

そういえば、一年くらい前に包丁が折れて溶接しましたが、そいつはまだ元気にやってます。
[PR]
by kuniorinox | 2008-02-16 12:13 | 俺の日常

アイランド・キッチンが欲しい

昼間っからワインを何本も空けました。

同期の友人宅での料理バトル、という名のホームパーティー。


みんなで交代で料理しながら、だ~らだ~ら飲む。 

今日の料理
・にんじんのピクルス
・レンコンのアンチョビ焼き
・ココナッツカレー
・春キャベツのボイル
・豚肉の梅肉巻き
・パプリカと豚バラのグリル
・タイ風サラダ
・夏野菜のカレー
・デザート

一応目的を持って食材を買っても、途中で使い忘れたり、細かいことはどうでも良くなって、それぞれが好き勝手に料理を作っていく。

俺は最初のつまみだけ用意して後の料理はお姉さま方にお任せ。

かなりの量を食べたはずなのに、時間を開けて出てくるから食べてしまう。


作り手の顔を見ながら食べる。食べる人の顔を見ながらつくる。


店に行って出てくるのを待つだけなのも楽だけど、やっぱみんなで作った方が断然楽しい。
準備や片付けに手間がかかるけど、それも楽しみの一つ。


やっぱりみんなで料理のできる家に住みたい。
[PR]
by kuniorinox | 2008-02-11 22:09 | foods

コタツ×雪×鍋

静岡ではありえない大きさの雪が降ってきました。

直径30mmくらい。

夕方から降り始めて、日付が変わった頃には白い世界。


外はしんしんと雪が降っていたのですが、自分は昨日は友人夫婦宅でコタツという人間堕落機の罠にまんまとはまっていました。

コタツで鍋。切った野菜や、酒なんかも全てコタツから出ないで済む範囲にセット。

快適すぎる。

ビールもスパークリングワインも別にぬるくたっていいや。


俺はなんとか終電で帰りましたが、一緒に行った友達一人はコタツの誘惑に負け、そのまま残留。


外が寒いほどコタツの力は増します。


静岡出身の俺にとっては雪が積もっているっていう状況にかなりワクワクしてしまうのでうすが、
雪に滑って、危うく車道に倒れそうになりました。軽く命の危機。


それにしてもこっちの人は自宅に雪かき用のスコップを持っているんですね。
先週も雪が積もったのですが、朝出かけてみると、あちこちでお父さん達が雪かきをしていました。
[PR]
by kuniorinox | 2008-02-10 11:57 | 俺の日常

ワガママをいう

自転車はデザイン重視。普段はジーンズにジャケットで乗るつもりだから、
派手なレーシングカラーはいやだ。

そうは言っても、ちょっとしたレースに出れるくらいの性能はほしい。


高い買い物。わがまま言います。

今みたいに自転車ブームになる前から自転車には自分なりのこだわりがあって、実家の近所にいい自転車屋があったこともあり、かつこれまで、クロス→マウンテン→ロード→折りたたみとそれなりスペックの自転車を乗り継いできたので妥協はできません。

いろんな自転車を知ったけど、やっぱり自分にはロード。


店をまわっていると、自分がロードを買った4年前よりもだいぶ性能が上がっている。
そこは世界的な流行のおかげ。

ところがいざ自分が乗りたいものがあるかと言うと、これはいい!と思ったらシングルスピード(変速機無しのストイックなやつ)だったり、値段が50万オーバーだったりと、なかなかない。


今日行った店の店員が青木政人っていう、美研以来の友人と同姓同名だったこともあり、思い切って言ってみた。
「ほしいと思えるデザインのバイクが見つからないんです。でもパーツから組んでいくのは予算的に厳しい。」

「ん~、じゃあこんなのありますよ」
と青木さんが出してきたのは、パターンオーダー的なブリジストン・アンカーの商品。
まずカラーリングから、ロゴ、そしてステム、ギア、ホイール、ペダル等がオプション。

カラーが選べて、さらにロゴを消せるっていうのがまずツボだった。


さてどうするか。
カラーは鮮やかな赤で、ロゴは無し。
しばらくロードから遠ざかっていたから、ステムは短め、ギアはコンパクトに。
ホイールはスポークが扁平なものにアップグレード。フォークは定番のカーボンで。

そして、フレームとハンドルのサイズを決める、フィッティング用の不思議なスケールにまたがる。あらかじめ俺の体格を目検討で合わせてあるのでまたがった瞬間にロードライディングポーズを思い出す。ロードにまたがるワクワク感っていうのは、自動車好きのひとがバケットシートにからだをうずめる感覚に近いと思う。

最初の設定よりもハンドルの幅を少し広める。しっくり来る。走り出したくなる。




ロードバイクの走りの快感は、そのスピード感と、全てが思い通りになる、操作性にあると思う。
車やバイクも高性能のマシンは楽しいだろうけど、その性能を法律の範囲内で楽しむにはサーキットに行くしかない。

そして自分の体だけが頼りのランニングもいいけど、ロードバイクという道具を使うことによって、自分の力だけで時速60km以上出せたり、200km以上の道のりを走れたりする。

思いっきりペダルを漕いで、体が解放される感覚を味わう。ロードバイクで出す60kmと自動車で出すその速度では全く感覚が違う。
そして長距離を走って達成感を味わう。


納車は3月下旬。

待ち遠しい。。。。
[PR]
by kuniorinox | 2008-02-02 20:49 | bike