トライアスリートの日常


by kuniorinox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
卒制日記
男の料理 初級
foods
デザイン

就活
遊び仲間
何かの感想文
俺の日常

bike
part time job
SUAC
思うこと
時事対策
バトン
仕事のこと

プチ贅沢
art
Tokyo Life
買い物日記
スポーツ
お気に入り
未分類

フォロー中のブログ

Designcafe-B...
うちの食卓 Non so...
photo with Kiss
陶芸ブログ ぶらり
OMソーラーの家「Aib...
酔流亭日乗
Prisonerを聴きな...
田中英語塾講師の日記
料理人の休日
サソリ座の女@B型な日々
◆ Mamma ho f...
SUAC日記
ゆみりんご
デザイン学生の英語日記
My Life
Tour de England
魚屋三代目日記
Everyday is ...
SUAC2007卒展ブログ

以前の記事

2012年 03月
2011年 09月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2007年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

リアル贅沢!

プチ贅沢が趣味の小市民が俺ですが、

本日リアル贅沢をしていましいました。


丹波の松茸どっさりのまつたけごはんと、焼き松茸どっさり!


そんなこと、俺の財力じゃとってもできませんが、実家がその辺に土地だか山だかを持っている同期からの提供により、贅沢な晩餐をいただきました。


そして俺の手元にはこないだ後輩からお土産でもらった花の舞 純米吟醸が!

いや~、うまかったねぇ。


かおる、ゆかり、ありがと~。



そして、ラベンハムのキルティングジャケット、買っちゃいました。
SHIPS,UNITED AROWS,TOMORROW LAND などなど、どこでも売ってて、そんな流行もんに手を出すのもどうかと思ったけど、シルエット良し、色良し、品質の高さはお墨付き、で仕事にもカジュアルにも着まわせるこいつは今買うしかない!
と半日を費やした末に購入を決定。

冬が待ち遠しいです。
[PR]
by kuniorinox | 2007-10-28 23:30 | プチ贅沢

冬支度

寒くなってきました。

布団は分厚い羽毛布団です。通勤はコート着用で。
そろそろ今年のコートも買いたい気分。
最近ラベンハムのキルティングジャケットが気になります。


今日、暖房を初めて使いました。狭い部屋なので、オイルヒーターで足りるだろうと、購入を検討しましたが、そもそも狭すぎてオイルヒーターを置く場所が無さそうだったのでエアコンです。

実家に住んでいた頃買って、すごい気に入っていた灯油ストーブは、灯油の置き場も含めむっっちゃ場所を取るので泣く泣く実家に送りました。




ところで、今使っている食器洗い洗剤、いかにもエコ~なかんじの「重曹入り台所用粉せっけん」ってやつなんだけど、こいつがすっごい落ちにくいんです。

すすぎに3倍くらいかかる。これからの季節、水でなんか洗い物できない。そんなの使ってたら逆に手は荒れて、お湯沸かすためにガスも使って・・・・って何も良いことが無いような気がしてきたので、よく雑貨屋で売ってるカエルのマークの洗剤に変えることにしました。
d0037489_19532429.jpg

[PR]
by kuniorinox | 2007-10-27 19:51 | 俺の日常

チロルチョコが30円!

京風きなこ黒みつ仕立て

なチロルチョコ。30円だって!

チロルチョコって10円だったよね?
インフレ率300%?!

果たしてあれがチョコなのか甚だ疑問だったけど、うまければ文句なし!


そんなプチ贅沢が大好きな俺ですが、
今日はシャツをオーダーしちゃいました。

先輩の取引先の日本橋三越がやってきて、会議室が仕立て屋になってました。


スーツなんかオーダーしちゃうとリアル贅沢なので、それは稼げるようになるまで我慢。


さてさて、初オーダーなのですが、これがなかなか楽し~んですよ。

まず生地選び。
俺はピンクのシャドーストライプと、白×白のハウンドトゥースに。

次に重要なのは襟の形かな?
ベテランの販売員と相談しながら決めていく。

ピンクの生地はクレリックにしよう。ぐっと合わせ易くなる。
白の方はワイドのボタンダウンで、カジュアルにも着れるように。

芯は極薄いものを。カラーキーパー派です。


お次は袖口。角を落として、アジャストボタンも着けてもらおう。ダブルカフスも好きだけど、あいつはどうも実用から離れすぎている。

ポケットは無し、バックにはダーツをいれて・・・・。



と、ここまで来てやっと採寸。首周り、腕の長さ、肩幅、胸囲、胴囲なんかを手際よく測っていくのですが、ここである事実が判明!

「・・・背骨の真ん中から肩までの長さが左の方が右より1センチ若短いですね。」

!!1センチも!?

別に珍しいことじゃないらしい。でも右の方が長い人がおれのシャツ着たらちょっとかっこ悪くなるのかも。


さてさて、出来上がりが非常に楽しみなのですが、3週間くらい待たなければいけないとのこと。
でも既製品を選ぶより、自分でオーダーした方がずっと楽しい。
これで着心地がすごい良かったりしたらはまってしまうかも。
[PR]
by kuniorinox | 2007-10-22 22:47 | プチ贅沢

体は一つしかない。

「また服ばかり買って!体は一つしかないでしょ!!」

実家に住んでいた頃におかんによくそう言われた。
でも一週間は七日ある。それだけ服もあっていいはずだ、と思っていた。

しかし、今は週五日をスーツで過ごすため、学生時代に買った服のほとんどは着る機会がなくなり、今日も大きなダンボール箱一つ分、叩き売りに出した。

計15万くらい出して買った物でも、5000円くらいになればいい方だろう。
消費税にもならないけど。



ところで最近、
経済成長の停滞だとか、医療費や年金なんかが問題になっているらしい。

そりゃ老人が増えればそのための出費が多くなるのは当然で、
おっさん達はその対処に頭を悩ませているいる。


でもふと考えたんだけど、
少子化対策をきちんとすれば、いろいろな問題が一気に解決する、と思うのは俺だけ?


将来の働き手が増えて老後の過剰な心配がなくなれば、当然貯蓄が消費にまわり、それが経済を活性化させる。

少子化対策以上に重要なことって、今の日本には無いような気がするんだけど、どうもおっちゃんたちはどうでもいいことに熱中しているように見える。


でも少子化問題の根はけっこう深いみたい。


なぜ子供を生まないか?

子供を生みたくない、って女性は少数だと思う。

でも実際、
今の社会での地位や収入を出産によって失うのが嫌だっていうのが大半だと思う。
男としても、仮に自分が年収1000万、奥さんが600万で子供がいない場合、相当リッチな生活ができる。でも奥さんが専業主婦になって子供が二人もいたら、自分の稼ぎは変わらなくても生活水準を一気に落とさなきゃならなくなる。


体は一つしかない。
子供をとるか、今の生活をとるか、ということで悩んでいる人はかなり多い。


女は家で家事してろ!なんておっちゃんたちの価値観を訴えてもどうしようもない。

体は一つでも子供をんでも、生活水準をそんなに落とさなくても良くなればいんじゃん。
奥さんが仕事を辞めて、収入ダウン。
子育て費用で出費アップのダブルパンチじゃ男も辛い。

女性への直接的なサポートは、
少しづつだけど充実しているらしい。うちの会社でも育児短時間労働の人もいる。

でも結局家事は女性がする、って構図はそのサポートがいくら充実しても変わらないわけで、いくら旦那さんに家事をする意思があったところで、朝7時に出て夜は日付変更線近くで帰る人に家事なんかやらせられるはずはなく。


日本を持続的に発展させるには、男が早く仕事を切り上げて家に帰ることが第一だ。

ってのがこないだ読んだ「会社人間が会社を潰す」って本の主旨でした。


独身のうちは、土日だけ休ませてもらえば、平日いくらでも働きたい。

けど、子供の面倒も見れないようじゃ、人として生きる意味をかなり失うようなきがする。
けど、親になっても贅沢したいし、自分の力で社会に影響を与えたい。


体は一つでも、その両方をとれるような社会にしたいな~。

とりあえず、自分の会社では両方とれるようにします。それも俺の仕事なんで。
[PR]
by kuniorinox | 2007-10-21 23:24 | 思うこと

できる男

今日締め日の、かなり難易度高めの仕事。

正直キャパオーバーだった。


そんなとき、その仕事で関わったほかの部署の先輩から救いの手が。
「その部分だけ俺やっとくよ。これ、けっこう難しいでしょ?」

その先輩はトップクラスの成績を誇る営業マン。相当忙しいはず。
しかし仕事は十分な完成度で期日を守って仕上げなければいけない。
ご厚意に甘えることにした。


その後、トイレ偶然その先輩といっしょになる。
先輩
「どう?最近忙しい?」


「いや~、正直いっぱいいっぱいです。ほんと助かりました。」



助けてもらえたものの、依然それ以外の手間のかかる、しかも妥協の許されない仕事が手元にどっさり。

終わらないかも、という焦燥感のなか、それでもなんとかしなきゃともがくのみ。


と、そこへさっきの先輩からのメール。

「やっときました。確認しといてね。」

早速添付ファイルを開くと、

なんと、俺がやるはずだった部分もほとんどやってくれていた!
あとはちょっと直すだけで完成!

確認してお礼の電話をすると、もう帰られたとのこと。
早!
時間はまだ7時だった。


ヘヴィな仕事をさくっと引き受けてくれて、すごいスピードで仕上げ、お礼も言う間もなく去っていった。


うーん、そんな大人なりたいなーと思った終電帰りの夜でした。
[PR]
by kuniorinox | 2007-10-20 01:14 | 仕事のこと

つめこむ

寮の倉庫の大掃除がありました。

会社の総務の方と寮の管理人さんは休日出勤。


うちの寮は、収納がむっちゃ少なく、現代っ子の荷物はとても入りきりません。
で、一階の部屋が倉庫として使われているのですが、みんな好き勝手に詰め込み放題。

スノーボードの道具とか、季節物が詰め込まれているのは当たり前ですが、何故か年代物のPCが3台も。

そして何故かゲイ雑誌も。



俺も冬物の服は倉庫に詰め込んでいたので、ついでに衣替え。ニットや秋物のジャケットなんかを出してきたのですが・・・・。

そもそも何で服を倉庫に詰め込んだかというと、部屋に入りきらなかったから。

でもいつまでも夏物で過ごすわけにはいかない。

でも部屋に運んでみたら、やっぱり入りきらず。


とりあえず夏物を倉庫に送るも、そもそも半袖シャツや短パンなんてかさばるものじゃないから、大して効果はなし。

次に、捨てられる物は捨てる。
カーディガンが一枚、虫にやられてました。それとパジャマに使ってたTシャツや、ペンキの飛んだジャージ、スーツカンパニーやPSFCで買った縫製の悪いシャツなどなど。

そして、妹が旅行に行くというので、旅行鞄と、その中に妹が読みそうな本と、弟が着れそうな服を詰め込んで実家へ発送。


・・・・・・なんとかなるもんですね。
江戸時代の長屋の住人は、今の俺の部屋くらいのスペースに夫婦でとか、親子3人とかで住んでいたようです。

もっとシンプルに暮らしたいものです。


さて、
まだ倉庫には冬物のコートやジャケットが5着ほど・・・・。
[PR]
by kuniorinox | 2007-10-14 22:56 | 俺の日常

バーイサコー!

久しぶりに自転車を買いました。
d0037489_1571313.jpg


買ったのは先週だけど、雨のせいでほとんど乗れず。

今日は大宮までモリ漕ぎ。半年以上のブランクがあるのですぐ足が痛くなりました。


以前乗ってたロードみたくは早くないのですが、コンポ(変速機やブレーキのセット)がそのロードと同じクラスのものを使っているので、だいぶお買い得な買い物でした。


こっちに引っ越してから完全に電車生活。

電車は二番目に嫌いな乗りものです。一番嫌いのは飛行機ですが。


自転車(ママチャリやニセマウンテンバイクなど極端に性能の低いものは除く)は、自分の思い通りに動いてくれる。渋滞もないし、痴漢が線路に逃げ込んだせいで止まることもないし、離陸の一時間も前に空港に着かなきゃいかないわけでもない。

自分の体力と、気分で好きなように動けます。


何も考えないで思いっきり漕ぐと、全てから解放されたような気分になれます。
多分ストレスがものすごい勢いで発散されていくんだと思います。

そしてこの快感を味わってしまうと、またロードバイクが欲しくなってくる・・・・。
フルカーボンのバイク、ずいぶん安くなってますね。

20万ちょい。今なら買えるか・・・・・・。
[PR]
by kuniorinox | 2007-10-06 15:10 | bike