トライアスリートの日常


by kuniorinox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
卒制日記
男の料理 初級
foods
デザイン

就活
遊び仲間
何かの感想文
俺の日常

bike
part time job
SUAC
思うこと
時事対策
バトン
仕事のこと

プチ贅沢
art
Tokyo Life
買い物日記
スポーツ
お気に入り
未分類

フォロー中のブログ

Designcafe-B...
うちの食卓 Non so...
photo with Kiss
陶芸ブログ ぶらり
OMソーラーの家「Aib...
酔流亭日乗
Prisonerを聴きな...
田中英語塾講師の日記
料理人の休日
サソリ座の女@B型な日々
◆ Mamma ho f...
SUAC日記
ゆみりんご
デザイン学生の英語日記
My Life
Tour de England
魚屋三代目日記
Everyday is ...
SUAC2007卒展ブログ

以前の記事

2012年 03月
2011年 09月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:art( 9 )

表参道卒展はしご

ここ最近、展覧会といえば卒展ばかり行っています。

先週見にいったのは、多摩美のプロダクトデザインの卒展と、女子美のグラフィックの卒展。

どちらも表参道でやっていて、友達といっしょにぷらっと寄ってきました。


卒展のおもしろいところは、努力の跡がうかがえたり、くすっと笑える仕掛けがあったり、思わぬつっこみどころやつめの甘さが微笑ましかったりするところ。

たとえば、あるバイクのモデルは、アイデア良し、スタイリング良し、展示も良しなのに、何故か計器の部分だけやる気のカケラも感じられない、紙をプラ板で挟んだだけだったり・・・・。

ここで時間切れだったのか・・・・その気持ちは痛いほどよくわかる・・・・・・


絵画の場合は、「自分大好きです!」っていう感じが作品から溢れんばかりだったり、
ドMな性格が全面に出ていたり。


葛藤やら欲望やら、アイデアが思いついたときのしてやったりっていう感覚やらが、生に近い感じでそのまま表現されている。

現代アートは今ひとつ理解できないのですが、学生の作品は好きです。

・・・・タダで見れるし。
[PR]
by kuniorinox | 2009-03-12 23:56 | art

卒展

むさ美の卒展に行ってきました。

案内してくれたのは、今年卒業する友達。

久しぶりに会って、大学での生活を聞いたりして、学生時代がすごく懐かしくなりました。
毎日夜中まで工房で金属板を削ったり、新しく身につけた技術を教えあいながら作品を作っていく日々・・・・

俺は結局、アートやデザインとは無縁の仕事をしているけど、金属、木、土、ガラスなど一通りの素材の扱い方は体験したので、学生達の作品を見ると、その制作に要した苦労がちょっとだけですがわかります。

多くの作品からは、作者のひたむきな取り組みが読み取れ、なかには新鮮な驚きを与えてくれるもの、このまま十分売れてしまうような完成度の高いものなどがあり、楽しませてもらいました。

むさ美の卒展は月曜まで
■平成二十年度武蔵野美術大学卒業・修了制作展
日程:1/23(金)-26(月) 9:00-17:00
場所:武蔵野美術大学 鷹の台キャンパス

一部の作品は別日程で青山でも
■学外展
こちらは金工・木工・陶磁・ガラスのみの展示です。

日程:1/31(土)-2/4(水) 11:00-20:00
場所:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
(tehoさんの日記からコピーさせてもらいました)



また、こんなのも
■東京五美術大学の美術系学科による卒業・修了制作展
●会場:国立新美術館[東京都港区六本木7−22−2] 
●会期:平成21年2月19日(木)~3月1日(日) *2月24日(火)は休館
開場時間:10:00-18:00[入場は17:30まで]


藝大のも行かないと
■第57回東京藝術大学卒業・修了作品展
●会場: 学部生-東京都美術館・大学構内 大学院生-大学美術館・陳列館
●会期: 2009年2月21日(土)-2月26日(木)
9:00~16:30(入場は16:00まで)
※最終日12:00まで(入場は11:30まで)
[PR]
by kuniorinox | 2009-01-25 00:06 | art

ピカソはエロかった

芸術の秋に、美男美女をひきつれて六本木の2つのピカソ展を見てきました。

サントリー美術館と国立新美術館。


サントリー美術館で笑えたのは、作品名とか画材が書かれているプレートの下の方に、「代物弁済」って書かれてること。

たま~に「購入」って書いてあるのも発見します。

借金だらけのピカソ・・・・・。

でも芸術家なんだから自分で売ってお金にするのも、借金してそれを絵で返すのも変わらない気もするけど。


それにしても、ピカソ、エロすぎ。


思いっきり抽象化していても明らかに交わってる彫刻とか、絵画とか、17歳に手を出したりとか・・・。
[PR]
by kuniorinox | 2008-11-11 00:26 | art

赤煉瓦 海岸倉庫 新港ピア

横浜トリエンナーレに行ってきました。

d0037489_144152.jpg


スケールの大きな作品が好きです。
とくにこいつ↓は作者が前夜祭のときに鏡を叩き割って完成させたのだとか。一つだけ割れていないのがミソです。
d0037489_1482587.jpg


特に気に入ったのは、これ。
d0037489_1493794.jpg

スケール感が上部の色彩が好きです。あと展示空間との相性も。

全裸で台の上に横たわると新しい発想が生まれるそうです。これまでパンツ一枚で上にのった男が一人いるだけで、全裸のチャレンジャー募集中らしいです。

夕食は赤煉瓦で。
日が沈んでライトアップされた建物はなかなかいい雰囲気です。
さらにこの日はドイツ祭りをやっていたので、いつもより異国情緒溢れる港街でした。
d0037489_1417351.jpg

[PR]
by kuniorinox | 2008-10-13 14:25 | art

Cutting Insights 塩保 朋子個展

学生時代の先輩達と久々にアート巡りへ。
d0037489_025868.jpg

上野から日暮里まで歩きました。

印象的だったのはSCAI THE BATHHOUSEという古い銭湯を改装したギャラリーでやっていた、「Cutting Insights」 塩保 朋子個展
9/27までなので、是非みなさんも、と勧められないのが残念でたまりません。

巨大な紙を細かく細かく切り抜いた作品がすごく綺麗で、迫力があった。
繊細で大胆。

そしてその恐ろしく根気の要る作業を想像してしまいました。

樹脂のシートに半田ごてか何かで穴を開けた作品もおもしろかったのですが、個人的に樹脂より紙が好きなことと、手間がかかった作品の方が好きなので(樹脂に半田ゴテで穴を開けるのと、紙をカッターで切り抜くのでは何倍もかかる手間が違います)紙の作品の方に興味を湧いたということもあるのですが、実際にその巨大な紙と、それにあてられた光が作り出す陰の空間に足を踏み入れたときは、息を飲みました。


さて、アートで嬉しい驚きを感じた後の夕食で行った居酒屋では全く別の意味で驚きました。
コース料理を頼んであったのですが、前菜的なものに、揚げ物、サラダ、肉料理、鍋にしめのおじやセット、これで後はデザートかな?と思っていたら出てきたのはハンバーガー。おなかもパンパンになってさて帰ろうかと思った頃に出てきたのはなんと焼きそば!

おじや・ハンバーガー・やきそばって一回の食事でどれか一つでいいですよね?
[PR]
by kuniorinox | 2008-09-29 00:03 | art

上野公園散策 フェルメール展 東京都美術館

家を出てから到着まで45分ほど。
通勤経路なので交通費無料。
サイクリングの目的地としてもちょうどいい距離。

というわけで上野公園にはよくいきます。

昨日は東京都美術館でフェルメール展を。

上野駅で降りると、「コルビジェ設計の国立西洋美術館を世界遺産にしよう」運動のPRが目につきますが、俺はその弟子、前川國男設計の東京都美術館の方が好きです。

展示開始から一ヶ月くらい経っているおかげで、天気のいい土曜の割には、それほど混んでなく、わりとゆっくりと観れました。

気に入ったのは「小路」と、フェルメール作ではないけれど、デルフトの運河と教会を同じ画家が同じ構図で描いた二枚の作品。やっぱ建築ものが好きです。

デルフトの街には、今でもその協会と運河がほぼ当時のまま残っているそうです。

展覧会を観終わったあと、銀座で買い物をしたのですが、銀座の景色はめまぐるしく変化し、さらにゴージャスな店が増えています。H&Mが先日OPENして、気になるものの、すごく混んでいるらしく、もう少し落ち着いたら行ってみようと思います。

東京は絶えず変化をし続けているから活気があるのでしょうが、もう少し「変わらない良さ」みたいなものも欲しいところ。

日本経済は成熟しきって衰退期に入ろうとしていますが、都市としての東京が成熟するのはまだ先のようです。
[PR]
by kuniorinox | 2008-09-21 23:14 | art

バウハウスとほうじ茶飴

自転車に乗りたい衝動に駆られて、一ヶ月ぶりくらいのサイクリングへ。

もともと藝大美術館へ行くつもりだったので、交通手段を自転車に変えてみました。

自転車はエコだし、体にいいし、さらに気軽に寄り道できるってのが素敵です。


今日の寄り道はビストロ・プルミエ。母の友人家族がやっている店なのですが、日曜休みで、以前わざわざ出かけたときはがっかりしたのですが、偶然、寮~上野のコース上にあるのを発見しました。発見した日も日曜だったのですが、今日は土曜。ようやく行くことができました。

オシャレなフレンチ、といった感じではないのですが、かなりうまいです。生ハムのサラダにステーキで1200円っていう値段も素晴らしい。生ハムは豪華にのってるし、ステーキもいい具合です。

あまり便利なところではないのですが、上野公園あたりに自転車で行く際は是非。



ところで、今日の主な目的、バウハウス・デッサウ展へ行ってきました。
バウハウスについては、大学の講義でもやってたし、CASAブルータスでも何度か取り上げられたりしましたが、藝大美術館でやるというならば行かないと。

一番印象的だったのは、手書きの建築図面。あれを5年くらい前に見ていたら俺の職業は違っていたかもしれません。

それと、無料で見られる学生の作品もおもしろかった。やっぱうちの大学とはレベルが違うな‥とか思っていたら大学時代の友達と偶然遭遇。

彼女は「ほうじ茶飴」という不思議な飴をくれました。
口に入れると広がるほうじ茶の香(超リアル)。まるでほうじ茶を飲んでいる気分になれました。
[PR]
by kuniorinox | 2008-05-17 23:17 | art

炎との闘い

摂氏1030度維持で

黒煙が出なくなったら次の薪投入。



冬休みの最初の二日間は窯焚きをしておりました。

d0037489_13431946.jpg


会社の納会が終わったあとそのまま静岡へ。Jeepにさらわれ山奥の小屋へ。


親父は釉薬の溶け具合はチェック。

絶えず薪を投入し続けないといけないから、交代で少しづつ休憩。

三日間で総勢20人くらいの方が参加したようです?俺が参加したのは二日目の夜からでしたが何トンもの薪が一回の窯焚きに消費されました。


自然吸気で燃料が薪だと、その温度から5度上げるにも一苦労。最終的には1170度まで上げて、その後は密閉しすこしずつ温度を下げていきます。

窯出しは四日。俺はもう仕事です。
[PR]
by kuniorinox | 2008-01-02 16:14 | art

フィラデルフィア美術館展とヨガ

d0037489_8552073.jpg

今週末も東京は天気に恵まれて、上野公園の散歩を楽しんできました。
風邪は完治したか怪しいところだけど、こんな天気のいい日に自宅療養なんなかしてられません。

フィラデルフィア美術館展

例によって何の下調べもせず、行ってきたのですが、フィラデルフィア美術館ってすごいね!!
日本に貸し出したのでこんだけあるってことは、実際のコレクションはどんだけ?

皆さんそしてそれを知ってか知らずか、入り口からすごい混雑!入場制限してました。


今回印象的だったのはピカソの「三人の道化師」
d0037489_839415.jpg

縦のサイズはおれの身長くらい。

やっぱでかい絵はいいですね。
近づいて見る楽しみと一歩引いて見る楽しみがある。
何故かこの絵の前は空いてて、近づいたり遠ざかったりしながらじっくり見てました。



さて、美術館の後はヨガに行きました。
スタジオは日本橋と聞き、会社からすぐかと思っていたら、日本橋3丁目ってけっこう一丁目から遠いのね・・・。コレドとか三井タワー周辺のイメージで行ったらけっこう町外れなかんかんじのところにひっそりありました。

母校にはヨガ好きの教授がいて、講義の前にちょこっとだけヨガをしたりしましたが、今回は2時間みっちりヨガ。

といっても初心者向けのコースなので、あまりハードなことはやらず、感覚としては、自分を丁寧にメンテナンスしていくかんじでした。

ゆっくりとした音楽の流れる蝋燭の明りのなか、呼吸を意識しながらいろんなポーズをつくっていくのですが、これがすごい気持ちいいんですよね。

やってる最中も気持ちいいし、終わったあと体が軽くなった気がしました。
流行もんですが、これは流行るわけですね。

片足立ちする『木のポーズ』
コースの最初の方でやったのですが、簡単なようですぐバランスを崩してしまいました。
バランス感覚は早くも衰えた懸念がありますが、コースを終えて家に帰ってやってみると、簡単にバランスがとれる!その短時間でも体には変化があったようです。
[PR]
by kuniorinox | 2007-12-16 08:39 | art