トライアスリートの日常


by kuniorinox

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
卒制日記
男の料理 初級
foods
デザイン

就活
遊び仲間
何かの感想文
俺の日常

bike
part time job
SUAC
思うこと
時事対策
バトン
仕事のこと

プチ贅沢
art
Tokyo Life
買い物日記
スポーツ
お気に入り
未分類

フォロー中のブログ

Designcafe-B...
うちの食卓 Non so...
photo with Kiss
陶芸ブログ ぶらり
OMソーラーの家「Aib...
酔流亭日乗
Prisonerを聴きな...
田中英語塾講師の日記
料理人の休日
サソリ座の女@B型な日々
◆ Mamma ho f...
SUAC日記
ゆみりんご
デザイン学生の英語日記
My Life
Tour de England
魚屋三代目日記
Everyday is ...
SUAC2007卒展ブログ

以前の記事

2012年 03月
2011年 09月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:就活( 96 )

挑戦。

どうも俺にはかなりの追い上げ力があるようです。


つまりギリギリになるまでやらない計画性の無さです。

・・・・まぁJAMには負けますが。


さて、先日簿記の通信講座一ヶ月半分を一日で片付けましたが、今度は一ヶ月分を半日でどうにかしようと奮闘しています。(ただいまちょいサボリ中)








































多分この追い上げ力は大学受験の時に身に付いたもんだと思います。


高校二年も終わろうと言う頃、県下底辺高校で毎期留年ギリギリのダメ高校生だった俺はふと大学受験を決意。


しかしろくに授業にも出てなかったため受験レベルの学力なんてあるはずもなく。

そこで運良く見つけたのが今の大学。
受験科目は英語+2科目だし、国語は現代文のみ。あとはデッサンと小論文。

そこで選んだ2科目は
日本史・・・唯一真面目にきいていた授業。もともと好きだしその時の先生が良かった。
国語・・・・・本だけは読んでいたので現代文ならセンター対策をするだけでよかった。

小論文も本や新聞をしっかり読んでいたからなんとかなる。
デッサンも週3で教室に通うことにしました。


問題は英語。中学の時も苦手だったし、高校に入ってからも全く勉強しなかったから(うちの高校入試に英語は必要なかった。高校なのに3科目選択だけ)

つまり英語のレベルはあまり出来の良くない中三レベル。高校受験の偏差値50くらい。そいつを大学入試の偏差値55まで上げねばならなかった。


おのずと勉強時間の大半は英語に割かれる。
とりあえず進研ゼミで日本史、現代文、英語のセンター対策講座それに小論文講座に申し込み、英語は基礎の基礎的な参考書片手に勉強。速読英単語を入門編から上級編まで端っこが手垢で汚れるまで使い込み・・・・・・

受験勉強を始めて最初に受けた模試が偏差値約40。それから3ヶ月して受けた模試は現代文が満点近くだったこともあり62。


進学校出身のやつらは周りに合わせて勉強していれば入れるようなレベルだろうし、難関大の滑り止めにして入ってきたやつらもいるけど、俺にとってはこの大学に入れたことが大きな成果だった。


そんなことが今の自信につながっているんだと思う。
けどそれももう4年前。


さて、その追い上げ力は今目の前にある簿記に対して発揮されているけど、会社に入ったら追い上げるまえに計画的に仕事を進められるようにならないとね・・・・・。
[PR]
by kuniorinox | 2007-02-27 17:47 | 就活

マリッジブルー

送別会もやってもらったのに、ヘルプで金魚に呼び出されました。


で、一ヶ月ぶりくらいに働いたのですが、お客さんでどうも見たことのある顔が。

するとお客さんも
「あれ、きみどっかでみたことがあるよね・・・・・?」と。


で、予約の名前を確認してみると、その人は約一年前、ごめんなさいした会社の人事部長さんだった。すごくいいひとだったから、名前覚えてました。


ところで、飲食業なんかのサービス員にも礼儀正しく接する人は、どんな相手にも礼儀正しく接する人だと思ってるのですが、その部長さんもまさしくそのタイプ。

料理を持っていけば、必ず「ありがとう。」といってくれる。

その飲み会は、部長さんのバースデイパーティーのようで、やっぱり部下にも慕われているようだった。

その会社はじつは辞退するのに一番躊躇した会社。もし自分が就活中にそんあ会社の雰囲気に触れていたら気は変わっていたかもしれない。


入社直前になって内定先のネガティブな情報をあさりまくってます。社員が何十億も横領したとか、斜陽業界だとか・・・・。


働く上で一番重要なのは会社の雰囲気だと思う。
いい雰囲気の中で働く→会社や仲間のためにがんばる→仕事ができるようになって自分の市場価値も上がる 
っていういい循環もできるし。

自分のキャリアアップとか収入のためだけに仕事していたらいい仕事なんてできないと思う。


春から働く会社はどんな雰囲気なんだろう?俺はどこまでがんばれるんだろう。
[PR]
by kuniorinox | 2007-02-23 23:40 | 就活

簿記

同期の事業職のみなさん、簿記やってますか?

おれは12~2月のコースで受講しているものの、12.1月は卒制で全く手付かず。

二月に入ってからぼちぼち始め、今日一日で一ヶ月半分いっきに終わらせました。

K姫は一週間でとったっんだっけ?俺にはむりそうです。
だってまだ試験申し込んでないし。


簿記、けっこう苦手かも。一応理系??(建築)だけど数字弱し。

算数苦手、中学の数学は完璧だったけど、高校の数学は全く無理。
数字に弱い俺が金融?
みなさん、助けてください・・・・。
[PR]
by kuniorinox | 2007-02-19 00:06 | 就活

調べてやる。

自分の行く会社のことってどうしても気になるもんです。


案の定、2chをみたらあった内定先。ちょっと古くて1999~2001くらいの投稿ばっかだったけど、叩かれてる叩かれてる。リースの未来なんてないとか親会社からの転籍や出向組みが威張り散らしてるとか。

その時期は業界全体もかなりやばかった時期らしいけど。

でもちょっときになって東洋経済オンラインで情報を購入。



財務も業績もここ最近はなかなかいいらしく、一安心。


でも業界の先行きはどうしても不安。会計基準の変更とかあるし。

会社としては業態を少しずつ変えていく方針らしい。


どちらかというとニッチの業界だから、状況が変われば社会に必要とされなくなる。そうなる前に新たな商売をつくらないと。

「デザイン学部で学んだことは、現状を分析し、問題点を洗い出し、その問題を解決しつつ新たな価値を付加するという考え方とプロセス。このことを御社で生かしたいと考えています。」みたいなこと言って今の会社に内定した。

その言葉が嘘にならないようにがんばるのさ。

会社に入ってからやりたいことはたくさん。
「時間がない。」は言い訳にしたくない。時間だけは全ての人間に平等にあるのだから。
[PR]
by kuniorinox | 2007-02-17 23:09 | 就活

春から大阪で生活


するかも。



今日は人事と配属のことで面談がありました。15分くらい。



感触としては、首都圏のエリア営業になりそう。


マーケティングと財務と産業システムで希望出したけど、小口の営業ってことで産業システム部と首都圏営業本部では仕事の内容が似ている。

多分エリア営業ってのはおれの得意分野。人事もそれを見抜いている。


でもそこで学べることってあまりキャリアアップには結びつきそうにないんだよね・・・・・。



最初の2.3年、がんばって数字あげてそれから転属願い出せばいいんだけどね。




ところでその面談でちょっとショックなことが。


「新卒の配属先は全て本社ということでしたが、ことしは大阪支店への配属も検討しています。」
だって!!




いや、多分大阪配属の可能性はとっても低いです。




ただ・・・・その可能性は0ではない。




おれ大阪多分苦手。おれのキャラ変わりそうだし。



知り合いの関西人はいい人ばっかだけど、大阪って土地は俺を受け入れてくれなそう。





でもまぁ




地元以外の地方配属はそんな長くはないし、若いうちなら環境の変化もいいかもね。
[PR]
by kuniorinox | 2007-01-30 18:47 | 就活

俺はどこに行くんでしょうか?

内定先には40近い部署があり、今日は午後一杯その説明会。午前中はTOEICを受けたので興味のない部署の説明では眠くてたまらず・・・・・

d0037489_2238526.jpg

↑というか明らかに意識が飛んだ証拠。明らかに日本語でも英語でもない。どっかの霊に乗り移られた瞬間。

船舶金融部門には行けないね・・・・


気になるのはやっぱマーケティング部とか財務部。

でも自他共に認める営業向き人間。まだ数回しか会ったことのない同期にも、
「クニオは営業でしょ~」
といわれる。

多分、エリアの新規小口開拓営業なんかはすっごい向いてて、最初から数字が出せる自信はある。ドブ板営業。ヤマダ電機プロバイダ契約県内No.3はダテじゃない。


でも俺の性格だと、なまじ数字を出せることに満足して、そこに安住してしまいそう。

経理はぜったい無理。ミスしまくるのが目に見える。総務はやだ。人事になんてなったら容赦なくクビ切りまくってぜったい嫌われる。

自分の市場価値を高めるにはやっぱ財務かマーケティング。あんまり自分でも向いてるとは思わないけど、どちらもはやいうちに身につけておきたい知識ががっつり学べる。


だけど、中小企業融資にどっぷり浸かって町の産業再生みたいなこともしてみたい・・・・。ならエリア営業?

配属希望の提出期限は22日。
[PR]
by kuniorinox | 2006-12-05 22:39 | 就活

就職 冒険 起業 野望

あのくそ大雑把なクニオが金融?ありえんて!!

なんて言われた内定が出てから早、8ヶ月。

いろいろ研修も始まって簿記の通信教育セットもさっき届いた。


「クニオは大きな組織には向かないよ。起業かベンチャーだろ」
なんて、就活を本格的に始めた一年前にはよく言われた。

内定が出て、「この会社に決めた」と言ったら、俺がなにかでかいことをするんじゃないかと期待してくれていた付き合いのながい友達はちょっと残念そうだった。


でも、起業すれば冒険できて、大企業に就職なんかしたらおとなしくなっちゃう、なんてことは無いと思う。


もし俺が何かのミスで500万の損失を出したとき、
1人で起業してたら経営危機になる。→出資者(友達とか親戚)にすごい迷惑をかけることになる。
10人でやってる小さな会社だったら資金繰りにかなり焦る。

でも総資産が1兆円を超えるような大企業だったら、俺は上司に怒られてしばらく反省してればそれで済む。かわいそうな俺の上司は次のボーナスがちょびっと減る。

とんでもない失敗をしても最悪でも会社をクビになればそれでおしまい。
自分で会社やってたら最悪自己破産だけど。


もちろん、大きな組織に入ったら自分の裁量なんてごく小さなものになる。でも、周りを動かす力があれば大きなこともできるはず。そして最終的な責任は会社になる。

つまりおれのなかで大きな組織に入るということは
・おれはどんなヘマしても最悪クビ→リスクを取れる。
・大きなことをできるかは、自分次第。
・さらに安定した収入+週2日の休み。


一つの会社の中にずっといて、その中での昇進しか考えないんだったら、冒険なんてできないけど、いずれ独立か転職するかもしれない、ということを視野に入れていれば、積極的にリスクを取る仕事をできる。

リスクの大きな仕事は当然大きなリターンも見込めるわけで、うまくいけば社内で上を目指すというオプションも残る

さらに、会社にはノウハウとか人材もしっかりある。だから、上司を説得して自分を腹をくくればもしかしたら自分で会社経営するよりも自由度が高いかもしれない。









なんてかっこつけて言ったけど、独立を目指す友達が内定蹴ったって話を聞いて、ちょっと羨ましく思って自分の選択を正当化してみた。



どっちが正解かなんて今はわからないし。両方正解かもしれないし。
[PR]
by kuniorinox | 2006-12-01 13:26 | 就活

今日から俺は

少し前まで散々もてはやされ、すぐにダメだとわかった「成果主義」


それをバイト中もひしひしと感じている。


おれのバイト先の家電量販店はバイトも成果主義。だから多い日で一日14000円くらい稼ぐこともある。当然そのためにがんばって仕事する。ここまでは成果主義のいいところ。

ところで、成果を上げるためにはムダを切り捨てなければならない。バイトにとってのムダとは、成果につながることのない作業。つまり、小額で案内するのが面倒臭いパソコンの周辺機器とか、パソコン以外の商品とか、日本語が今ひとつ通じない外国人の接客とか。そういうものに時間をとられていては自分の成果につながらない。

だけど、会社にとっては、小額商品を買いに来たお客さんも、その時の接客が良ければまた大きな買い物をしにきてくれるはず。会社としてはお客さんにこれからずっときてもらってほしい。でも、成果主義でギスギスした職場で働いてるバイトにとってみれば、極端な話し、会社なんて来月の給料さえちゃんとくれれば潰れても構わないわけで、そこまでいかなくても、5年後の会社のことを考えて働いてるバイトなんてまずいない。

バイトにとって重要なのは、今日自分の売り上げを確保して、来月がっぽり給料をもらうこと。3ヶ月後にパソコンを買うかも知れないけど今日買うつもりは全くないお客さんは相手をするだけムダ。さらに言うと、パソコン販売員の多くはインターネットプロバイダーからの派遣。そんな俺達にとって、成果とはインターネットの契約数。つまりどんなに高価なパソコンを売ろうと、インターネット契約を取らなくては成果にならない。だから20万以上する高額モデルを買おうとしていようと、ネット契約がとれそうになければ放置。さっさと売ってネットの契約に移りたいから勧めるのは低額モデル。

お客さんの中には、他の家電もここで買ってるから安くしてほしい。なんて言う人もけっこういるけど、バイトにとっては、そのお客さんが将来100万使ってくれるお客さんだろうと、もう二度と来ないお客さんだろうと一緒。


バイトとか派遣社員は、安くてでも接客なんかやらせれば下手な正社員よりも「成果」を上げれるうえに、自由にクビにできるとっても便利な人材だと考えられている。でも、そんなことはバイトも承知だから会社への忠誠心なんて0。


近頃、非正規労働者の増加が問題視されているけど、それは雇用の不安定さとか収入の低さからしかクローズアップされていない。つまり、いくらワーキングプアが増えていると報道されても経営者にとってみればどうでもいいこと。しかし、会社の将来なって全く考えない非正規労働者の多数抱え込んでいるリスクを認識している経営者はどれだけいるんだろう?

顧客満足度だとか、株主重視だとか最近言われているけど、従業員を軽視していては絶対に将来立ち行かなくなる。「日本型経営」ってのは一時期全否定されていたけど、やっぱり日本には日本に適した経営スタイルがあると思う。もちろん30年前のスタイルをそのままってわけにはいかないけど。


って長々書いたけど、今日は会社の内定式。
10年くらい先まではとりあえず保証されていて、その先の将来にもある程度希望をもっている。だから今日この後会う若造と小娘たちと一緒に右も左もわからなくても必死で働くことになる。これから必死で働くことが自分の未来のためになると思っていられるから。

就職活動していたり、大学院へ行くための準備をしていたり、もう就職が決まってぐーたらしている人たちは少なからず自分の未来に希望を持って今を生きている。

格差社会の格差とは、今の年収の「格差」ではなくて、将来への「希望格差」だともいわれている。希望を持っている人達はがんばって働く。当然そのなかの多くは将来それなりの収入を得る。希望を持てずに日銭を稼ぐ人たちの10年後は・・・・・?



これまでは失業率が社会の不安定要素とされてきたけれど、ワーキングプアが増加している現在は、非正規雇用率がそれにとって変わるかも知れない。


学歴社会は終わったとか言ってるくせに、大卒しか採用しない時点で思いっきり学歴差別だと思ってるのは俺だけ?
[PR]
by kuniorinox | 2006-10-02 05:53 | 就活

はいってはいけない会社とこれからはいる会社

□サービス残業が多い
□終電帰りがあたりまえ
□年間休日が100日とれない
□30代男性社員で年収が500万円に届かない人がいる
□ノルマクリアのために身内に契約させる社員がいる
□平均年齢が20代
□3年以内の離職率が30%超
□若手とベテランが同じような仕事をしている
□教育や研修と言った名の懲罰がある


以上の項目に4つ以上当てはまるようならその会社、やめておいた方がいいかも・・・。



4年生の多くは来月内定式。で、そろそろ3年生も就活を意識する頃だと思います。


ネット上を探せば、いわゆる「ブラック企業」ってやつがわんさかでてきます。

その中に気になってた会社があるかもしれない。そんなあなたは、
「ネットの情報を鵜呑みにするなんて、バカのすることだ。」
と、まず思うだろう。


でもちょっと待ってほしい。世の中にはブラック企業と呼ばれている会社の100倍以上の会社がある。それなのに敢えてそんな悪い評判のところに行くことはないだろう。

友達はブラック企業に入社して、体を壊して辞めた。


俺は今、ブラック企業に雇われ、そこからブラック企業に派遣されている。派遣元の方はそれほど分からないけど、派遣先の家電量販店は完全にブラック。
社員はノルマに終われ、バイトにまで始終営業攻撃を仕掛けてくる始末。人が慢性的に足りていない。そして、どう考えても彼らがやっている仕事は将来のキャリアアップなんて不可能だ。

俺はバイトだから、時給が保証されていて、歩合給も出る。多分時給に換算すれば1300円くらいはもらっている。それにあと2ヶ月とちょいしかやらないからその間我慢すればいい。社員の命令はバカなふりして受け流し、自分はちゃっかり数字あげて卒制資金稼げばいいだけだから。


来年から俺が働く会社だって、そんなに素晴らしい労働環境と待遇で迎えてくれるはずはない。残業は長いし、営業になれば数字に追われる。財務になれば金融の勉強でプライベートも潰される。古い業界だから理不尽なしきたりみたいなものもあるだろうし、巨大な組織だから、自分の影響力なんてものも極限られたものになる。自慢できる大きな仕事なんて当分はできないだろう。

ただ、仕事が難しくてなかなか一人前になれない反面、将来それなりのキャリアアップは期待できる。個人客は相手にしないから、友達や親戚を売るようなまねもしないですむ。



一つの職業で全てを手に入れようなんてのは無理な話だ。
ただ、ほとんど何も手に入らないのがブラック企業。
一番手に入れたいものが手に出来る仕事がその人の天職だってことだと思う。



おれは、自分の一番手に入れたいものが何であるかまだわからない。内定先は、やりたいことが一つに絞れた時に役立つスキルと、それまでのある程度の生活が保証されているところ。

最初はコンサルや大手商社に行きたかった。でもそれは俺には無理な話だった。アパレルメーカーや、服の販売にも興味があった。でもそれらの仕事は、今の内定先とは待遇のギャップが大きすぎて俺には無理だった。


俺の内的先との出会いは本当に偶然だった。
アパレルメーカーの説明会が東京であって、そのためだけに東京に行くのはもったいなかったから、その日に他の会社の説明会を探した。そこで、なんか見たことのあるような社名が見つかって、とりあえず説明会に参加した。
難しいと言われるその業界の筆記試験も、さらに難しい本命の練習のために受けてみた。その時点では入社する意思なんて無かった。記念受験ってやつ。

しかし、どういう訳か面接も順調に進んだ。全く畑違いな分野を学んできた俺に業界の事や仕事の内容について丁寧に説明してくれながら。

社員訪問もしてみた。会ってくれた社員さんは、会社に対する不満や、仕事の楽しさ、将来への希望みたいな事も語ってくれた。そんな自分の3年後もアリだな、と思えた。


一番行きたかった会社は、4次試験で落ちた。こっちがどんなにその会社に入りたくても、求められなければ駄目だということ。全てを満たしてくれるわけではないけれど、内定先は俺を求めてくれた。そんなふうにして俺の就活は終わった。

さぁ、これからの人、がんばってくれ!!←他人ごと
[PR]
by kuniorinox | 2006-09-11 23:50 | 就活

群青日和

俺のけーたいのアラーム音は、着信音と同じに曲に設定しています。

そうすれば、電話がかかってきた、と思って慌てて起きるかとおもったのですが、どうやら俺は目が覚めた直後でも冷静に、「これは目覚ましだ、よって無視」という判断ができてしまうので、あまり効果はないようです。


寝たのが4時だから、今日は10時に

♪新宿は豪雨~貴方何処へやら~今日が~蒼く冷えていく東京~戦略は皆無~私何処へやら・・・
と林檎嬢の素敵な歌声で目覚めるわけです。


しかし、朝やらなければいけない事といったら、洗濯くらいの俺。ごみはもう寝る前に出してあります。

当然、林檎嬢にはちょっと黙ってもらい、もう少し寝よう、という全人類共通の行動に出るわけです。

しっかし、近頃のアラームはなかなかハイテクで、一旦音を止めても、また3分もすれば鳴り出すように設定できるわけで、まぁその事を計算してもうちょっとだけ寝よう、という魂胆です。




予定通り、またしばらくすると林檎嬢が唄いはじめます。


♪新宿は豪雨~貴方何処へやら~今日が~蒼く冷えていく東京~戦・・・・

さあ、決断の時。ここで大人しく起きるか、それともまたあと3分だけ寝るか・・・・

とけーたいを手に、そしてとりあえず音を止めようと電源ボタンを・・・

あれ?画面には何故か友達の名前。


それが何を意味するかを理解する前に電源ボタンを押す俺。





そして直ぐ我に帰る。





電話じゃん!!







頭の中を整理する。アラームかと思ったら着信で、電話をくれた友達は、最近ちょっと凹んでいて、そして今日も最終面接・・・・。



何があった!?



とにかく電話をかけなおす。

「どうした!??」

「クニオ~内定とったよぅ!!!第一志望のとこだよ!!!」


うおっ!まじか!?!?!


起きてまだ数十秒の俺にはうまい祝福の言葉が見つからない。とりあえず、オメデトウを連発。
その友達もかなり興奮している様子。


俺の時もそうだった。
内定もらって、うれしくてむっちゃハイテンションで友達に電話して、その友達もテンション上がって、もう話した内容なんか全然憶えていないけど。






ブラインドを上げると、外はすっげーいい天気。

真っ白なベランダが眩しい。

晴れの日の朝。
[PR]
by kuniorinox | 2006-05-31 11:58 | 就活